2010年04月06日

<紛失>筋弛緩剤10ミリグラム入りの瓶 大阪の市立病院(毎日新聞)

 大阪市は5日、市立総合医療センター(同市都島区)で手術の麻酔時に使用する筋弛緩(しかん)剤の粉末10ミリグラム入りの瓶1本を紛失したと発表した。静脈内に注射すると成人1人が死亡する危険がある量だという。筋弛緩剤は薬事法で毒薬に指定されている。外部に流出した可能性があり、市は大阪府警都島署に届け出た。

 市病院局によると、2日午後2時半ごろ、担当看護師が手術室で紛失に気付いた。1日夕に保管室から出庫して施錠されたカートに入れたことは薬剤師2人が確認している。カートが手術準備室で開錠された2日朝以降、紛失したとみられる。

 手術準備室や手術室のあるフロアはIDカードを持つ病院関係者しか入ることはできず、フロア内やゴミ箱を捜索したが見つからなかった。同局は盗難の可能性もあるとして、調査している。【小林慎】

米大使公邸 米国にゆかりの日本人作家による現代アート展(毎日新聞)
元厚生次官ら殺傷、判決主文は後回し…厳刑か(読売新聞)
サントリー音楽賞 09年度は指揮者の大野和士さんに(毎日新聞)
民主が政策秘書不足、臨時の採用審査実施へ(読売新聞)
医師国試、合格率は89.2%(医療介護CBニュース)
posted by セガワ カズトク at 16:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。